トレーニングの知識

ベンチプレスを100kg挙げるのは簡単

更新日:

ベンチプレスを100kg挙げるには、どうしたら良いのかという悩みを持つ人が非常に多いのですが、この問題を解決するのは非常に簡単なので是非、最後まで読むことをオススメします。

80kgで10回できたら100kgのベンチプレスが可能

60kgのベンチプレスを10回挙げれる人は80kgを10回挙げれるようになることを目的にトレーニングをします。そして80kgを10回挙げれるようになったら、既に100kgを1回挙げれるようになっています。

簡単すぎじゃないか!

簡単なんです。

北島
日本人の多くのトレーニーはコントロールできない重量でMAX挑戦をやたら行うんですね。これだと、その日のトレーニング効果が大幅に激減してですねー。なんの効果も得られないトレーニングになってしまうんですよ。
バデー
僕ベンチプレス好きなんすけど、ベンチの記録伸ばしたかったら、あれもこれもと種目を取り入れるんじゃなくてベンチならベンチで種目を絞ってしっかりと追い込んだ方が僕は良いと思います。

先ほど述べた通り既に60kgのベンチプレスを10回挙げれる人であれば、MAX100kgを挙げれる将来は近いです。しかし、それ以下の人はちょっと時間はかかるかもしれません。

ベンチプレス100kgの壁を越えられない人のトレーニング

例えば、100kgに近い数字として約70kg~ほどの重量を扱えるようになってくると思いが先走って毎回のようにベンチプレス100kgの挑戦を乱発するようになってきます。ベンチプレス初期の頃は100kgから程通り低重量しか扱えないだろうから、身の丈にあった重量を扱ってトレーニングを行うものですが、先ほどのように100kgの数字に近い重量を扱えるようになってくると途端に高重量低レップのトレーニングへと変化しているはずです。それを毎回のように行う傾向があるので、筋肥大のトレーニングからいつの間にか神経系のトレーニングへと知らず知らずの内に陥っていることでしょう。先走るベンチプレス100kgへの熱き想い!その焦りが無理な高重量挑戦の繰り返しとなりトレーニングレベルの低下、筋肥大と筋力強化の滞りとなり、皮肉にもベンチプレス100kgの壁を越えにくくしているのです。

酷いケースになれば、日に日にパーシャルレップと尻上げが増していき、ついにはラックから外すだけの動作ばかりを繰り返してしまい全くもってトレーニング効果を得られない状態に陥ることもあります。

大事なのは、自分がコントロールできる身の丈にあった重さで10回は反復動作できるようになることが重要です。

毎週確実にベンチプレスのウェイトを増していく

週1回のベンチプレスと仮定した場合、毎週のようにメインセットの重量を2.5kg~5kgずつ重量を挙げていきます目標限界レップ数は8~12の間を狙っていきます。つまり既にベンチプレス60kgを10回挙げれる人が毎週5kgづつ使用重量を増していけば、4週間後には80kgを10回挙げれるようになります。こうなったときに・・・

ベンチプレスのMAXは100kgに到達します。

-トレーニングの知識

Copyright© X operations , 2019 All Rights Reserved.