フィットネス事件

コアラ小嵐がゴミみたいな器具を買うwww

投稿日:

筋トレ系ユーチューバーのコアラ小嵐が、サブチャンネルにてホームジム用の新しい器具を買ったのですが糞過ぎて使えなかった件について語りたいと思います。実際にコアラ小嵐が新しい器具を利用してライブ配信を行った動画

新しい器具でベンチプレスすっぞ!筋トレ生配信2019/8/27」を見ていただければ新しい器具の何が問題なのか明らかになります。

ROGUE MG-3 MULTI GRIP BAR

この器具は、ベンチプレスをニュートラルグリップで行うことを目的として作られた器具で、同じく筋トレユーチューバーであるSHO FITNESSさんが過去に自身のチャンネルにて紹介していた器具であり、実際にジム内にも設置してある器具の様です。

買わずとも一発でわかるゴミ器具

少なくとも私が器具を選択する際には、このような器具の商品を目視した時点で手に取らずとも全く使えない器具であることを既に見抜けてしまいます。理由としてはグリップとプレートを付ける位置です。以下の画像を例に説明します。

赤く囲んだグリップの部分と、赤く囲ったプレートに注目してください。今回、コアラ小嵐が購入した新しい器具は画像の上記バーベルのようにグリップと重心となるプレートが水平方向に位置します。通常のバーベルの構造であれば問題ないのですが、コアラ小嵐が買ったバーベルはニュートラルグリップをするバーベルです。こうなってしまうとベンチプレスを行う際、左右のバランスは保てても上下のバランスを保つのは困難になります。その結果が以下の通りの動作になります。

このようにグリップとプレートが水平になったニュートラルグリップのバーにてベンチプレスを行うとブレが上下に生じて、まともなトレーニングができなくなってしまいます。購入する前の時点で商品画像を見た感じ、物理イメージが付かないと下手な器具の買い物をしてしまいかねない失敗例と言えるでしょう。フィットネス器具で有名なROGUEでさえ、このようなゴミ器具を販売する始末ですのでブランドに捕われるのは危険だということも視野に入れましょう。

もし、このニュートラルグリップのバーが上記画像のようにグリップよりも下に重心となるプレートを設置するタイプだった場合、水平方向、左右上下のブレの心配がありません。なぜならグリップより下に重心となるプレートが位置する事によりブレは強制的に収束し安定するからです。

-フィットネス事件

Copyright© X operations , 2019 All Rights Reserved.