トレーニングの知識

筋トレ系ユーチューバーの人柄に目を向けるのは間違い

投稿日:

筋トレ系ユーチューバーの動画投稿がビジネスとなっている時点で、人柄を問うのは間違っているという話をしていきます。ユーチューブは既に趣味の動画を世界中の人とシェアしたいという趣味のプラットフォームから、動画投稿することが広告収入につながるというビジネスの世界へと変わりました。

今まで収益化の対象となる1000人以上のチャンネルにて一切の広告を貼っていないユーチューバーを見たことがありますか?あるとするならば、それはユーチューブが収益化される前に動画投稿活動を続けていた今から約10年前の動画でしょう。これは筋トレ系ユーチューバーに限らず、どのジャンルのユーチューバーにも当てはまります。

金儲けで筋トレ系をやっているから無難と綺麗事だけ言う

筋トレ系ユーチューバーにとって他の筋トレ系ユーチューバーを批判することは避けるのが賢明です。疑り強く思わされるような特定の人物、ステロイド使用、アンチドーピングの大会への出場、入賞、プロカード獲得。金儲けのために筋トレ系ユーチューバーをやるならば、ステロイドとステロイドの使用の疑いが濃い筋トレ系ユーチューバーのご機嫌を損ねるような動画配信は避けることでしょう。なぜならば、有名な隠れユーザー配信者とコラボできる機会があれば、コラボして売名が成功するからです。

そこを下手にユーザー批判の動画を出そうものなら、少なくともNPCJ系で、のうのうとステプロになる努力をお成りになられている有名筋トレ系チューバーとのコラボは減ることになります。

ステ厨筋トレユーチューバーとコラボできない人物

  • SHO FITNESSさん
  • とんぺーフィットネス
  • ネクストフィットケント

ステ厨筋トレ系ユーチューバーと頻繁にコラボする人物

  • 金子
  • 小池
  • 後はご想像に・・・

大体ステ厨の連中は同族同士のコラボ乱発というパターンが決まっているのは薄々と気づいている人が多いかと思います。特にステ厨共は同じステ厨同士で仲良く手を繋いで日々、コラボ動画の乱発を行います。馬肉がどうのこうの・・・。海の家がどうのこうの・・・。プロカードがー、NPCJがー・・・。

このようにステロイドユーザーだらけのNPCJ系の連中が、馴れ合い動画を頻繁に投稿している傾向があります。そして共通して彼らはステロイドトピックに関しては一貫してユーチューブ、ツイッター、インスタグラムでの活動の中でノータッチです。不思議ですよねー。やってないなら「やってない」の一言くらいコメントしても良いと思うのですが一言も無いのが面白いところで、きっと後ろめたい気持ちがあるんでしょうね。

筋トレ系ユーチューバーの人柄に誤解する場面

私自身、筋トレ系ユーチューバーをやっていますが自分の現在に言っていることが過去の発言と矛盾する場面を幾つか把握することがあります。その時に、思うことは当時と今の自分とでは考え方に相違があることに気づかされる場面があります。私は文字や動画を通じて日記というものを真面目に付けたことがありません。けれどもユーチューブをやっていると過去動画が日記みたいになってしまうことに気づきました。ふと、過去動画を見ると当時の自分の考えと今の自分の考えが違っていたりするので、こうも変わるかと思わされますが決して嘘を言いたくて言ったわけではなくて全て本音で語っているわけですが、当時の記憶と今の記憶に大部分無いにして若干の相違がみられる点に不安にかられることがあります。記憶と違うこと言ってるじゃないかとか・・・。そうだったっけ?・・・。とか。

しかし、よく考えてみると、思っていることを正確に言葉として表現できているかというと、それは無いです。誤解を生みやすい言葉、一言二言足りない故に大きくニュアンスがズレるなど多々あります。従って、ユーチューバーに対する疑惑の念というのは、こういうことも要素に持たれるのだろうと思った次第です。

最近になって、筋トレユーチューバーの白Tしゅんという人物が虚言壁があるとか無いとかで休止においやられましたが、実際に彼が虚言壁が、あるかどうかはわかりません。

しかし違和感は、「プロになりたい」「自殺未遂」の動画から感じ取った部分があります。私は感が良いほうなので彼の幾つかに嘘が混ざっているのは強く確信していますが・・・。

話が反れましたが、筋トレ系ユーチューバーに人柄を求めるのは、意味が無いと思います。選挙で、「私は嘘をつきません。約束を守ります。必ずやります。」だとか綺麗事を抜かす連中がいるように、どうしても人柄を求めてしまう部分はあるかと思いますが政治は結果、筋トレ系なら筋トレ系で、謳う理論が結果、それを効果的とするなら実際に効果あって結果、優勝を公言するなら優勝して結果、全ては結果です。結果を伴わない机上の空論、理想論、頑張ってますアピールは作ろうと思えばいくらでも作れますし故に偽れます。

特に人柄という点においては、演技か本当かなんてわかりようがないのですから、そのような部分を求めたところで意味は無いでしょう。

-トレーニングの知識

Copyright© X operations , 2019 All Rights Reserved.