フィットネス事件

ジムの人混みにイライラする人とモチベーションが上がる人

更新日:

ジム経営をしていると会員数が増加するほど安心するのと、同時に幽霊会員がどんどん増えていく傾向を見るとジムを商売にすると非常に美味しいということが明らかになってきました。一方で私は時に会員という立場で様々なエニタイムフィットネスを回ることが多いですが、経営者としての立場ではなく客としての立場でジムを見ると人混みには非常にイライラさせられるものがありますが、人によってはジム内に多くの人がいたほうがモチベーションに繋がるといった人もいるようです。

ジムが混んでた方がモチベーション上がる人

正直、心理がわからないので憶測でしか言えませんが、こういう方の場合BIG3だけしかやらないか、限られた一部の種目のみ淡々と熟す人でしょう。例えば、BIG3においてはフリーウエイトの中でもガチ系の人が手に取る器具だったりします。ジムの場所、エニタイムはエニタイムでも各々のジム固有の文化や民族に違いが生じます。よって場所によって会員方はマシンを中心に運動をしている人が多くフリーウエイトエリアは過疎状態なんてこともあります。こういう場合において、BIG3が専門のトレーニングという方なら着手したいときに着手できる利点があるため、自分のトレーニングに支障を懐ことはありません。

むしろ広い空間の中で一人BIG3に取り組むよりも、ある程度の若い姉ちゃんの揺れ動く尻や熟女のダラシナイ身体を見ながらトレーニングしたほうがモチベーションは上がるでしょう。

BIG3専門の人の場合、着手する種目はほとんどありません。特定の種目を長々とやり続ける傾向があるため、使いたい器具が他の会員とダブル機会がほとんどないのでストレスを感じることが無いのでしょう。

ジムが混むとイライラする人

私がこのタイプです。私の場合、BIG3専門の人と異なり筋肉各部位を小さく絞った細かいアイソレーション種目を行うために頻繁に器具の使い分けを行います。つまり一回のジムの利用にて複数の器具を利用する場合が多いので特定の器具を長時間、独占し続けるリフター系の会員とは非常に相性が悪いです。

また、インターバル中に何分何十分何時間もスマホを弄り続けるかジム内設置モニターテレビを見続けるクソガキ共も、イライラの要因です。ジムが混雑するほど、一つの器具を独占する輩が増殖するのは、どこのジムも共通点ですがジム内テレビモニターの設置が普及してきている現在の各ジムは更なる長時間器具独占の助長を促す傾向にあり、私のように次から次へと器具の移り変わりを必要とする人間にとって非常に迷惑であり、ストレスを感じる次第であります。

ジムの人混みにイライラ?モチベーション?相違点まとめ

基本的にBIG3以外をやらないというようなリフター系においては、人混みはモチベーションになりやすいかもしれません。一方で細かく細部を鍛えたい人にとって多くの器具を必要としますから特定の器具が永続的に独占されやすい状況、人混みを嫌う傾向があるかと思います。

あくまでジムというのは自分の身体を変えるために通う場所であり、そこに人が多い、少ないは自分に関係ないものです。とは言っても心理的な影響というのは周りによって左右されるものがあります。多くの人がいるから誰にも負けないような重たい重量でパフォーマンスしてやろうとか、人目があるから恥じないように頑張ろうとか、気になる可愛い子に良いとこみせるために頑張る気になれるとか、そういう考えも良いと思います。

私の場合は、人目には無関心ですので自分のやりたい器具に邪魔がいなければ、それで良しという冷めた人なのかもしれません。何れにせよ、ジムの人混みにイライラするもモチベーションになるも、どちらが正しいとかはなく、モチベーションになれば、それで良しです。

ただ、使いたい器具が使えないことが頻繁に起こりうる私のようなアイソレーション厨は人が少ない時間帯を狙うか、他のジムに入会したほうが良いかもしれません。

-フィットネス事件

Copyright© X operations , 2019 All Rights Reserved.